猫にとっても便秘は怖いものだった!原因と対処法について

猫も便秘をする!?

猫が便秘するというとあまりイメージが湧かない人もいるかもしれません。けれど、猫も便秘をすることがあります。かわいいペットである猫に与える食事は、都度手作りしているという人もいれば、キャットフードを与えているという人もいると思います。最近のキャットフードはしっかり猫の健康を考えて作られているものが多いので、キャットフードのみを与えているのであれば、食事によって便秘になってしまうという可能性は少ないです。逆に手作りをしている人は、つい猫が好きな食べ物ばかりを入れてしまうことで、野菜などの食物繊維が不足してしまい、便秘をしてしまうことがあります。しかし、キャットフードでも手作りでも、健康を考えてヘルシーなものを与えているのに便秘してしまうという場合には、ほかの原因が考えられますので、チェックしてみてください。猫の便秘の原因として考えられるのは、ストレスや食べ物以外の異物を飲み込んでしまって腸に詰まってしまっている、腸の機能に異常がある、高齢により便を排出するための腹部の筋力が衰えてしまっている、といったことが挙げられます。ほかにも、内分泌異常やストレスなど、いろいろな要因がきっかけとなって便秘を起こしている可能性がありますので、日頃から猫の排便の様子や健康管理には気をつけてあげましょう。

猫はどんなことでストレスを感じる?

猫はいつもマイペースな印象がありますので、ストレスを感じているのかなと思ってしまいますが、猫でもストレスを受けることは十分に考えられます。例えば、家庭内の環境が大きく変わったとき。多いのが赤ちゃんが生まれて家族が増えた、というケースです。動物は急激な環境の変化にストレスを感じることが多い上、赤ちゃんは予測しない動きをしますので、それがストレスとなって便秘してしまうことがあります。環境の変化は場合によってはどうしようもないことがありますので、猫がストレスを受けないよう、赤ちゃんと猫のスペースを分けたり、赤ちゃんばかりに気を取られることなく、猫とのスキンシップも大切にすることで、ストレスは緩和されるでしょう。また、異物を飲み込んでしまっているときは、猫の様子が明らかにおかしくなりますので、あれ?っと思ったら迷わず獣医の診察を受けることをおすすめします。排便の補助をすることで異物を出すことができる場合もありますが、ケースによっては手術をして取り除かなければならないこともあります。早めの対処で大事を防げるので、やはり日頃から猫の健康チェクをすることが一番大切ですね。

一緒に読まれる記事:猫向け便秘マッサージで便秘を予防、改善しよう