猫の便秘にも、やっぱり食物繊維と水分が大切

キャットフードは猫の便秘を考慮している

猫の食事において、毎日キャットフードしか与えないという飼い主も多いです。毎日手作りの食事を与えている飼い主からすると、キャットフードしか与えないなんてかわいそう、と思うかもしれませんが、むやみに人間と同じ食べ物を与えるよりも、キャットフードのみを当てるほうが猫の健康にはよい場合もあります。猫は毛づくろいを頻繁にするので、胃の中に毛がたくさん混入して毛玉を吐くことがありますが、こうした毛をできるだけ便で排出できるよう、最近のキャットフードには食物繊維がしっかり含まれているのです。もちろんそのほか猫に必要な栄養を考慮して作られていますし、逆に猫によくない高カロリーな食事になることもありません。また年齢に応じてキャットフードを作っているメーカーもあるので、より便利になりました。猫の食事に悩んでいる人は、まずはキャットフードを活用するのもひとつの方法です。

手作りごはんで気をつけてあげたいこと

猫に手作りごはんを与えることは、素材の水分も一緒に摂取できるのでおすすめです。ただし、しっかり食材を考え、与えすぎに注意しないと肥満を招く恐れがありますので、注意しましょう。猫の便秘予防や解消には、人間同様食物繊維や水分が重要です。食物繊維たっぷりの手作りごはんレシピをここでご紹介したいと思います。鶏むね肉の皮を取り外し、茹でてしっかり火を通します。それを包丁で細かく刻むか、手で割いて細かくしておきます。まとめて作って冷蔵庫や冷凍庫で保存しておくと、毎日の猫の食事に活用できて便利です。次に、昆布出汁にキャベツやにんじん、じゃがいもなどの野菜を細かく刻んだものを入れ、先程の鶏肉も加えて野菜が柔らかくなるまでしっかり煮込みます。人肌に冷ませば、ヘルシーごはんの出来上がりです。猫はネギや玉ねぎ、イカ、生の豚肉を食べると中毒を起こしてしまいますので、これらの食材を与えないよう気をつけて、おいしい手作りごはんを作ってあげてください。

関連記事:猫にとっても便秘は怖いものだった!原因と対処法について