猫向け便秘マッサージで便秘を予防、改善しよう

マッサージで便秘予防

高齢の猫になると、自分でいきんで排便するための筋力が衰えてしまうので、便秘になりやすいです。それに加え、運動量が減るのでさらに腸の動きが鈍くなり、便秘を助長します。若い猫と比べれば食事の量も少なくなりますが、やはり毎日ごはんを食べている以上排便は重要ですので、高齢によって自力での排便が難しい猫には、マッサージをして排便をうながすお手伝いをしてあげましょう。マッサージ方法はとても簡単で、猫のお腹のあたりを「の」の字を書くようにマッサージするだけ。ぐいぐいやると猫の負担になりますので、やさしく行うのがポイントです。やりすぎて猫のストレスになると、より便秘がひどくなってしまうことがありますんどえ気をつけましょう。のんびりしているときにさりげなくマッサージするのがポイントです。

運動量を増やす

高齢によって自分からなかなか動きたがらない猫は、運動量が不足して便秘がちになります。かなり衰弱しているような状態なら別ですが、まだまだ元気に動けるのに惰性で運動をしないということであれば、遊びに付き合うなどして積極的に運動量を増やしてあげてください。猫が好きなおもちゃで遊んであげたり、散歩に連れ出してあげるのもよいと思います。今は猫を放し飼いにしている人は少なくなってきており、これは病気の予防などからもおすすめなのですが、室内飼いだと運動量が少なくなってしまうのがネックです。特にワンルームで猫を飼っているような環境だと、運動量はさらに減ってしまいます。猫用のリードが販売されていますので、リードにつないでお散歩してあげれば、迷子や感染などを防げます。キャットタワーを購入して、室内で猫の運動量を増やす工夫をするのもよいでしょう。もともと猫は1日24間中8時間は寝ているといわれています。活動する時間はわずかなので、そのわずかな時間にしっかり運動できるような環境を整えてあげるのも、飼い主のやさしさなのではないでしょうか。

参考記事 気軽にできる猫の便秘対策法をご紹介します